「スマイル4」リリース記念

SPECIAL INTERVIEW

──では改めて、「スマイル4」についてお聞きします。前作「スマイル3」は「春」という大きなテーマに基づいて制作したと聞きましたが、今回は?

 

だいすけ 今回は、あえてそういうテーマを決めませんでした。スマイルシリーズも4作目になって、少し肩の力を抜いてできるようになったのかもしれません。

 

──というと?

 

だいすけ がんばってスマイルっぽい曲を書こうとしなくても、自然に「スマイル」という言葉を表現できる自信がついたというか。「こんなスマイルも、こんなスマイルもあるよ」っていうのを、アルバム全体をとおして表現できたと思います。

 

──なるほど。これも成長ですね。

 

健太 作り方も、前回はスタジオ1発録りだったけれど、今回は久しぶりにパートごとのバラ録りにしました。あいちゃんが入って最初のアルバムということもあるし、少しやり方を変えたかったんです。

 

──バラ録りのよさは、どういうところに表れていますか?

 

だいすけ テイクを重ねることで、曲をどんどんブラッシュアップしていけることですね。1発録りだと、最初のOKテイクをその後超えるのってほぼ無理なんですけど、バラ録りだと修正を重ねてよりよくなることがある。

 

健太 音色とかの細部を、録って、聴きながらやり直していけるぶん、すごくこだわって緻密に作れましたね。

まなん 私は、あいちゃんが「音がどんどん増えていく~」って言っていたのが印象的(笑)

あい ドラムとベースにギターが乗って、歌が乗って曲が完成していくのがすごく楽しかったんです。

──6曲入りのミニアルバムですが、選曲なんかはどうしたんですか?

健太 準備期間が短かったので、アルバム用にストックしていた30~40曲のなかから各自やりたい曲をピックアップして、一気に選びました。

 

だいすけ 合宿の直前だよね。選曲からあいちゃんと一緒にやりたかった。でもこれが大成功で、期待どおり、あいちゃんが新しい風を吹き込んでくれました。

 

──あいちゃんは、どういう曲を選んだんですか?

 

だいすけ 若者の選曲(笑)。リード曲の「フォーエバー」なんかはあいちゃんチョイスだよね。

 

健太 そうそう。デモテープの段階ではちょっと「カッコいい」感じの曲で、僕ら既存のメンバーは「ニコルズらしくないよね」って避けがちな曲だったんです。でもあいちゃんが「やりたい!」って言うんでやってみたら、意外にいい感じになった。

 

──あいちゃんの選曲の基準は?

 

あい 私は歌詞から入ります。歌詞カードを見て「聴いてみたい~」って思った曲ですね。まだファン感覚が抜けないので、ニコルズっぽい曲もそうでない曲も、いろいろ幅広く聴いてみたいんです。

 

まなん ちょっと考えすぎちゃう私たちにとって、あいちゃんのファンっぽい直感的な意見は新鮮でした。

 

だいすけ おかげで垢抜けたよね(笑)。なんだか自分の曲っぽくない。いい意味で。

 

まなん そうかも。でもそのおかげか、私も含めてみんな楽しそうにレコーディングできて、高校生のころ、バンドを始めたばかりの感じが蘇ってきました。

 

だいすけ 実際、いままででいちばんリラックスしてレコーディングできたかもね。

 

健太 アルバム全体としては、バラ録りのおかげでそれぞれの曲を作り込めたのもあるけれど、選曲もサウンドメイキングも、曲ごとにメリハリがつけられたと思います。

 

だいすけ その結果、ターゲット的にも楽曲的にも、すごく広がりのあるアルバムになったと思います。みなさんにはその辺を楽しんでほしいですね!

© haleiwa inc. / d.w.nicols all right reserved.