「スマイル5」リリース記念

SPECIAL INTERVIEW

──5曲目の「Oh Hey Hey」は、最初に「冒険的な選曲」だったって言っていましたね。

 

だいすけ 曲の印象が暗いというか、影があってさみしそうなので、スマイルシリーズには入れにくいよね、という話を最初はしていたんです。

 

健太 でも結局、自信を持って入れられた。ニコルズが、「スマイル」としてこの曲を収録できるバンドになった。僕たちが演奏すれば、「これもスマイルなんだ」って言えるというか。

 

だいすけ 「スマイル5」は、明日へ一歩踏み出すということがテーマ。たとえ今日泣いていても、その一歩が自分がいま望まない形であっても、踏み出すことは尊いこと。そしていつか振り返ってみればきっと前進だったんだと言えると思う。その「一歩」の価値を込めることができた曲だと思います。

 

健太 僕はこの「Oh Hey Hey」、歌詞がすごく好き。

 

まなん この曲って、だいちゃんが昔ひとりで歌っていたころの曲っぽいよね。

 

健太 たしかに。でも、ちゃんと「ニコルズの曲」になってる。

 

だいすけ 俺もそう思うんだけど、だからこそこの曲が「スマイル5」に入ることがすごくうれしい。

 

──楽曲的には、ラップスチールがすごく幻想的な雰囲気を出しています。

 

健太 曲の雰囲気づくりは、すごく気を使いました。だいちゃんの歌の抑揚、ラップスチールの抑揚、そしてリズム隊の抑揚。足りなくても、やりすぎてもダメ。

 

あい 私はこの曲は、第一印象は暗いけれども、その奥に光が見えるところが素敵だと思っているので、それをドラムで表現したくて工夫しました。

 

──すごく抑揚がついていて雰囲気出ていると思います。ベースの旋律も「うたってる」よね。

 

健太 バンドの演奏が、ただの「伴奏」にならないようにしたかったんです。声でうたっているのはだいちゃんだけだけど、ほかの3人もそれぞれ自分の楽器を奏でることで「みんなでうたっている」ような感じにしたかった。

 

──ライブでもこの感じが出たら、ラップスチールの雰囲気とマッチして、すごくドラマチックになると思います。最後は「サンキューマイフレンド」。これって結婚式ソング?

 

だいすけ そう言ってしまえばそうなんですけど、本当はもっと個人的な歌なんです。広い意味での「結婚式」じゃなく、俺の友達の結婚を祝いたくて書いた曲。

 

──なるほど。

あい だいすけさんの弾き語りを3人で聴いて、「いい曲!」って感動したんです。

 

だいすけ 友達と何人かで飲んでいるときに「昔からなりたかったものになれているって、すごいよね」って言われて、「たしかにそうかもな」って思って一気に広がりました。

 

──「あの頃なりたかったものに オレもおまえもなってんじゃねぇか」ってところですね。照れくさくて言えないようなことを、くさくなりすぎないようにちゃんと言ってくれる。この辺は、だいちゃんとニコルズの本領発揮って感じですね。

 

まなん ホントに歌詞の力が強い曲だと思います。

 

健太 でもアレンジは二転三転して、結構苦労したんです。なかなかうまくハマらなくて、いままでだったら「今回は外そうか」ってなっちゃっていたかもしれないけど、ポテンシャルの高い曲だからいろいろ試して、最終的にはいい感じにまとまったと思います。

 

──どういうところで苦労したんですか?

 

健太 まず、バンジョーがメインで音の厚みがないので、それを補うベースのプレイが必要だったところかな。

 

まなん 音の隙間をちゃんとベースで埋めなきゃならないけれど、曲の展開にあまり変化がないのでごまかしが効かないんです。淡々とビートを刻みながら、グルーヴ感とかちょっとしたアレンジで変化をつけるのに苦労しました。

 

健太 でも、こういう曲をベースが引っ張れるようになったのは、まなんがすごく成長している証だと思います。

 

まなん すごい褒められた! 上から目線だけど!

 

一同 (笑)

まなん レコーディング中はずっと「これでいいの?」って迷いながらやっていたんですけど、なんか最後はもう開き直りでした(笑)。でもこの曲のおかげで、バンドのなかで、とくにバンジョーが入った曲のベースの立ち位置を自覚できたかなって気がします。

 

──なるほど。そんな舞台裏があったんですね。ドラムは?

 

あい むずかしかったです~。あまり得意ではないソウルっぽいビートだったので、苦労しました。しかも「スマイル4」から準備期間が短かったですから。そのなかで、全体を通してちゃんとノリを出さなきゃって。

 

健太 ホント、リズム隊はたいへんだったと思うよ。でも2人の根性には脱帽でした。

 

まなん 苦労したぶん、得るものも大きかったと思います!

 

健太 「サンキューマイフレンド」では、ブラックミュージック的なリズムにバンジョーとハーモニカを乗せてカラッと仕上げることで、新しいサウンドメイキングができたと思います。これもニコルズならではの「ネオ・カントリー・ポップ」。ニコルズというバンドの幅が、また1段階広がったかなと思っています。

 

──次のアルバムも楽しみです!

 

だいすけ その前に、「スマイル5大作戦」のツアーがもう始まっています! ぜひ会場に来て、一緒にうたいましょう!

 

© haleiwa inc. / d.w.nicols all right reserved.